スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロソフト、2月1日の統合移転に先立ち、品川・新本社オフィスの内覧会を開催

マイクロソフト、2月1日の統合移転に先立ち、品川・新本社オフィスの内覧会を開催
ms02.jpg

ms11.jpg
マイクロソフトは、2月1日の本社統合移転に先立ち、1月11日に新本社オフィス(所在地:東京都港区港南二丁目16番3号 品川グランドセントラルタワー)のメディア向け内覧会を開催した。
[唐沢正和,ITmedia]2011年01月11日 20時00分 更新

 新本社オフィスは、品川グランドセントラルタワー(32階建て)の19~31階までを使用し、ここに現在東京都内にある7拠点のうち5拠点のオフィス(新宿、代田橋、赤坂、初台、霞が関)が統合される。勤務する従業員は約2500人、総フロア面積は3万6800平方メートルで、統合前の合計フロア面積(約2万8100平方メートル)よりも約30%広くなるという。今回のオフィス統合により、2月以降は、東京都調布市の「マイクロソフト調布技術センター」、東京都千代田区の「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」と合わせて、マイクロソフトの都内拠点は3拠点となる。

 業務執行役員社長室長の牧野益己氏は内覧会で、「当社は今後、『日本に根付き、信頼される企業』に向けた変革に取り組んでいく。今回の本社移転は、そのベースとなるもので、都内5拠点のオフィスを統合することで、事業部間連携の強化、会社一丸となっての事業運営を推進し、中長期視点での日本市場への戦略を展開していく」と、本社移転の背景について説明した。

 新本社の場所に品川を選択した理由については、「1986年の設立以来、これで4回目の本社移転となるが、今回は、多くの顧客に近く、空港やJR、地下鉄などへのアクセスが容易という交通至便な立地を最も重視し、品川を選んだ。また、新宿の現本社から約20分の距離にあり、通勤経路変更の影響を最低限に抑えられることも大きい」(牧野氏)としている。

 それでは、内覧会で紹介された新オフィスの主な特徴を見ていこう。新オフィスは、(1)顧客、パートナー主義、(2)最新ITを活用した生産性の向上、(3)働きやすい環境の整備--の3点をコンセプトに構築。19~29階までが従業員フロア、30階と31階が来客フロアとなっている。

 とくに、来客フロアは、31階は法人ビジネス向け、30階はコンシューマビジネス向けをイメージし、それぞれ顧客ターゲットに最適なフロア構成としているのが大きな特徴だ。31階の法人ビジネス向けフロアでは、「ニューワークスタイルゾーン」としてユニファイドコミュニケーションを活用した会議が体験できるデモスペースや、デジタルサイネージのマルチタッチが体験できる大型タッチディスプレイを設置するほか、ユニファイドコミュニケーションによる仮想遠隔環境が体験できるデモスペースなども用意されている。

 一方、30階のコンシューマビジネス向けフロアでは、携帯電話や車載端末、プリンタなどを展示する「デバイスショーケース」、キーボードやマウス、Webカメラを展示する「ハードウェアコーナー」、Windows 7やOffice、Bingなどを体験できる「エクスペリエンスコーナー」を設置。さらに、コンシューマPCやXbox、Kinectなどを活用し、リビングルームや子ども部屋などを再現した「ライフスタイルコーナー」を用意している。

 従業員フロアは、オープンデスクを採用することで、従業員の約60%がフリーアドレスになるという。ただ、「完全なフリーアドレスにしてしまうと、座る場所が毎回変わるなど、チームとしてはまとまりにくくなる。そこで、チームの一体感を高めるために、掲示板や個人・共有のグッズなどを置くことができるハブ/チームルームを設置した」(牧野氏)という。このほか、多様なワークスタイルに対応するため、機密性の高い内容や会議通話、集中が必要な場合に利用する「電話ブース」、休憩やカジュアルコミュニケーションのための「オープンコミュニケーションエリア」、面談や小規模会議向けの「ファンクションルーム」などを各フロアに設置している。

 また、従業員の多様なワークスタイルを支えるテクノロジーとして、「Microsoft Lync」や「Microsoft Exchange」などによるユニファイドコミュニケーションを活用。とくに今回、新オフィスへの移転を機に、エンタープライズボイスの全社導入を実施している。これによって、固定電話やPBXを設置する必要がなくなり、社内はもちろん、自宅や出張先、支社オフィスなど、いつどこにいても品川オフィス経由で発着信を行うことが可能となった。

 従業員フロアのうち、19階は「One Microsoftフロア」として、社員食堂やカフェ、イベントスペースなどを設置し、多くの従業員が気軽に集える場となっている。

 なお、新オフィスは、環境にも配慮した設計になっており、(1)LED活用とセンサーによる自動消灯、(2)空調制御、外気活用および風流量管理、(3)ID管理による複合機の無駄削減、(4)ゴミ分別の徹底、(5)検証用デスクトップPCの仮想環境への移行、(6)部門ごとの消費電力可視化など社員の意識向上――を図ることで、2012年までにエネルギー消費量30%削減(2007年度比)を目指している。



2010.11.15 ロゴがとりつけられました。

いよいよ、マイクロソフトが港南にやってきます!


ロゴはJRのホーム側となる西側壁面の右上部に設置されており、JRのホームや、JRや京浜急行の車内からマイクロソフトのロゴを見ることができる。東海道新幹線の車窓からは、マイクロソフト新本社側の窓側の席から見上げる形になり、確認するのは体勢的に厳しそうだ。

隣の三菱重工ビルの「三菱重工」のロゴ、2軒隣のキヤノンSタワーの「Canon」ロゴとともに、ほぼ同じぐらいの高さの位置にロゴが表示されている。

Microsoftのロゴは、夜間にはライトアップされる予定で、今後、数日間に渡って、ライトアップの点灯テストを行ったのちに、社内行事として点灯式が行われる予定だ。なお、北側、東側、南側の壁面には、マイクロソフトのロゴは掲示されない。


http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/11/16/microsoft/index.html


Shinagawa_MSLogo02.jpg

マイクロソフトは3月17日、東京都内に点在する5つの拠点を統合し、2011年2月に本社を品川(品川グランドセントラルタワー)に移転すると発表した。

今回の統合・移転対象となるのは以下の拠点。

新宿本社オフィス
代田橋オフィス
赤坂オフィス
初台オフィス
霞が関オフィス
「マイクロソフト調布技術センター」(調布市)と「マイクロソフト大手町テクノロジーセンター」(千代田区)は、今回の移転対象外となっている。

同社によると、新本社オフィスに移る人員は約2,500名(2011年2月移転時)となっている。

新本社となる予定の品川グランドセントラルタワーは、品川駅港南口(東口)に隣接した「品川グランドコモンズ」内にある。

情報元:http://journal.mycom.co.jp/news/2010/03/18/017/index.html

品川グランドセントラルタワー概要

270px-Shinagawa_Grand-central-tower.jpg

品川駅港南口の再開発地区品川グランドコモンズ内に、2003年(平成15年)4月16日にオープンした。開館当時の名称は品川三菱ビルであったが、2006年(平成18年)9月1日に現在の名称に変更になった。

三菱商事が本社機能の大半を丸の内から移したほか、2003年5月から三菱自動車工業および三菱ふそうトラック・バスが本社を置いていたが賃料が高かった。そこで三菱ふそうは2006年12月に、同社川崎製作所近くにある川崎市幸区の新川崎三井ビルディングへ、三菱自工は2007年(平成19年)1月に、以前本社を置いていた区内芝の第一田町ビルへそれぞれ移転した。三菱商事も2009年(平成21年)5月に本社機能を丸の内に新たに建設された丸の内パークビルディングに移転した。かつてこの一帯は「品川三菱村」と呼ばれていたが、三菱グループの企業で残るのは、南側に隣接した三菱重工ビルに本社を置く三菱重工業のみとなる。

また、マイクロソフト日本法人が、2011年2月を目処に都内7ヶ所に分散している本社および拠点の内5ヶ所について当ビルへ移転・集約する予定。


マイクロソフトが「日本マイクロソフト」へ社名変更 本社オフィスの移転に合わせ

マイクロソフトは2010年7月6日、社名の変更と本社オフィスの移転を発表した。2011年2月1日付けで、社名を「日本マイクロソフト」に変更し、本社オフィスを東京都港区の「品川グランドセントラルタワー」へ移転する。2011年6月期(2010年7月~2011年6月)の経営方針説明会の檀上で、樋口泰行代表執行役社長(写真)が明らかにした。

 社名変更の狙いについて、樋口社長は、「マイクロソフトの日本法人は、2011年2月に設立25周年を迎える。今後さらに、日本に根ざした日本の社会から信頼される企業を目指すという決意を込めて、社名に“日本”を加えた」と説明した。

 社名変更と同日に、本社オフィスを現在の小田急サザンタワー(東京都渋谷区)から品川グランドセントラルタワーへ移すとともに、都内にある7拠点のうち、大手町テクノロジーセンター(東京都千代田区)と調布技術センター(東京都調布市)を除く5拠点を新本社オフィスへ統合する。

以上、こちらから引用→★

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

品川の三菱重工の隣にMicrosoftのロゴが。知らなかった。来年引越してくるんですね。

羽田の国際化で、外資系が品川に集まり始めるのでしょうか????

Club Microsoftの会員数が100万人突破

Club Microsoftの会員数が100万人突破
Impress Watch 12月22日(水)9時0分配信

 マイクロソフト株式会社は21日、「Club Microsoft」の会員数が100万人を超えたことを公開した。

 Club Microsoftは、同社の製品登録を行なったユーザー向け会員サイト。10月末の時点で、年内の100万人突破が確実となったことから、サイトのリニューアル/強化を随時行なってきた。今回、実際に100万人を突破したことで、サイトをリニューアルするとともに、いくつかの記念プロモーションを行なう。

 1つ目は、モナリザなど名画を素材にしたオリジナル壁紙カレンダーの配布で、会員は自由にダウンロードできる。2つ目はロゴ入りタオルのプレゼントで、応募すると抽選で100名に当たる。このほか、同社スタッフに対する100問100答のページが設置され、プレミアム会員に対しては、2011年以降、品川に移動する新オフィスへのツアーが予定されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101222-00000001-impress-sci

おお。
ランチ更に混みそう・・・。

品川に2500人大移動.
通勤ますますすごい事になりそう、、、.

マイクロソフト株式会社は2月1日付で本社オフィス移転と同時に「日本マイクロソフト株式会社」へ社名変更するんですね。

マイクロソフト、NEC、NECネッツエスアイが、マイクロソフト 品川新本社 来客管理システムを共同開発。リファレンスソリューションを企業向けに展開

 マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役社長:樋口泰行、以下 マイクロソフト)と日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:遠藤信博、以下 NEC)、NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 執行役員社長:山本正彦、以下 NECネッツエスアイ)の3社は、マイクロソフトの品川新社屋向けに、マイクロソフトの最新テクノロジーを駆使した先進的な来客管理システムを共同で開発しました。
今後、そのリファレンスを基にし、NECグループにてソリューションを製品化し、一般企業を対象とした提案・販売を共同で推進していきます。

 マイクロソフトは、本年2月1日に東京都内5拠点(新宿・初台・代田橋・赤坂・霞が関)のオフィスを統合し、品川へ本社を移転します。新社屋への移転に伴い、「来訪者に感動を与える」をコンセプトに、NECグループとの共同開発により来客管理システムを刷新しました。今回のようにパートナーと共同開発したシステムをマイクロソフト社内のレセプションシステムとして導入するのは、日本において初めてのケースとなります。

 新来客管理システムでは、Exchange Server 2010, SharePoint(R) Server 2010, Lync(TM)2010, SQL Server(R) 2008 R2などのマイクロソフト製品の最新バージョンをフル活用すると共に、NECグループのSI開発能力、来客・ファシリティ管理のノウハウと、マイクロソフトの業務プロセス管理ノウハウとの融合により、来訪者にとって簡便でストレスレス、そして対応者にとっては、来訪者情報を生かしたシームレスな対応が実現され、業務効率やセキュリティ向上も図られています。また、本システムは既存のマイクロソフト社内のグローバルデータセンターとの連携、統合を実現した先進的なシステムです。

<特徴>

既存のマイクロソフト社内のグローバルデータセンターに設置されたメール・コラボレーションシステム
との連携、統合
来客登録、入館証発行、入館までのシステム化による来訪者の手間・ストレスの軽減と業務効率化の両立
オフィスアプリケーション(メール、IP電話システム等)とのシームレスな連携による業務効率向上
来客情報の一元管理による個人情報保護
入館ゲートシステムとの連携による、オフィスの物理セキュリティレベルの向上
 NECとマイクロソフトは、2009年7月2日に「ソリューション事業での協業拡大」を発表し、様々な領域で協業ビジネスを拡大してきています。本システムは、コミュニケーション&コラボレーション領域でのソリューション協業の一貫として、オフィスアプリケーション・業務アプリケーション・ファシリティ管理の融合を図ったもので、マイクロソフト自社システムとして実証し、ソリューション化、共同外販を行います。

 今後、NEC及びNECネッツエスアイでは、今回の導入システムに加え、従業員の入退出・勤務管理機能、ビル管理システムとの連携機能やMicrosoft(R) Online Servicesとの連携機能などを拡張、汎用化し、ソリューションパッケージとして4月より販売していく予定です。また、日本国内での販売モデルをベースに、グローバルへも展開していく予定です。

 なお、本来客管理システムは、2011年2月18日(金)東京国際フォーラムで開催される「NECネッツエスアイ Customer's Fair 2011」に出展する予定です。

http://www.microsoft.com/japan//presspass/detail.aspx?newsid=3945

すごいね

そんなに来客者が多いんかね?

新受付システム

ってこれね。
すごいけど、システマチックで味気ないなぁ。http://pc.nikkeibp.co.jp/article/column/20110128/1029859/

社会に貢献できる企業目指す--日本マイクロソフトが新社屋で始動.

 日本マイクロソフトは2月1日、社名変更と本社移転にあたって記者会見を開催した。2011年で設立25周年を迎える同社は、同日付で社名をマイクロソフトから日本マイクロソフトへと変更し、東京都港区の品川グランドセントラルタワーへと本社を移転している。

クラウドのロゴ入りネクタイで会見に挑む日本マイクロソフトの樋口氏 今回オフィスを統合したことで日本マイクロソフトは、東京都内の拠点を調布技術センター、大手町テクノロジーセンター、品川の3拠点に集約したことになる。これまでの新宿本社、代田橋、赤坂、初台、霞が関のオフィスを統合したことについて、同社 代表執行役社長の樋口泰行氏は「統合前に社員がオフィス間をどれだけ行き来しているのか計算してみたところ、月間5500回にものぼることがわかった。移動時間や移動コストがかかることはもちろん、社員の一体感が阻害されたりコミュニケーションが損なわれることにもつながる。このことは何年も前から懸念していたことだ」と述べた。

 品川という場所については、「マイクロソフトはPC事業から発展した会社。そのPC事業での重要なパートナーとなるNECや富士通、ソニー、東芝といった企業はほとんど品川の近くに拠点を置いている。また、顧客の約70%は東京の東側にいる」と樋口氏は説明、「マイクロソフトは顔が見えにくい企業だと言われていたが、より顧客に近づき、顔が見える企業になりたい」とした。

 次に樋口氏は、日本マイクロソフトという新社名について「社名に“日本”という文字をつけることで、日本に根付いて日本社会に貢献できる企業を目指すという意味を込めた」と話す。「実は私がマイクロソフトに入社する前から、マイクロソフトはもっと日本に根付くイメージを出せばいいのではないかと感じていた。今回の社名変更のアイデアをパートナーや顧客、社員に相談したところ、好感触だった。前社長の時代から社名変更の構想はあったというが、25周年と本社移転というタイミングに合わせて実現できてよかった」と樋口氏。

 ほかにも、日本マイクロソフトという社名には、「日本の競争力強化をITで支援する。また、就労支援やスキル支援などを含め、ITリテラシーを持った日本発の人材を育成していく。クラウドの分野では、日本の顧客のニーズに合ったクラウド事業をパートナーと共に展開する。また、高品質な日本製品をグローバル展開したいと考えている日本企業を支援する」(樋口氏)といった意味も込められているという。

 樋口氏によると、日本マイクロソフトは2010年12月31日締めの上期決算において、売上高が前年比2ケタ成長となり、経営指標で全エリアのトップに立ったという。「日本はパートナービジネスが重要であるほか、品質に対するこだわりも強い。また、製品やソリューションを顧客のニーズに合わせるよう求められるなど特異な市場だが、こうした特異性を受けた戦略を推進したためだろう」と樋口氏。また、「他国の知恵を取り入れたり、(中核だったPC事業から)エンタープライズ事業にシフトするための人材を強化することで強くなった」と、好調な成績の理由を述べている。

 ただし、市場にはさまざまなデバイスやプラットフォームが登場しており、これまでのように皆がPCやWindowsプラットフォームのみを利用する状況ではなくなってきている。こうした状況に対し樋口氏は、「デバイスは多様化しても、やはりPCは生産性の高さにおいて主要なツールで、仕事の基盤となるものだ。マイクロソフトはそれを文化として成長させてきており、そのノウハウはOffice製品をはじめとする製品群につまっている」と説明、同社製品の強みを語った。

 同時に、現時点では決して好調とは言えないWindows Phoneビジネスについても「今後巻き返していきたい」としており、「PC、サーバ、クラウド、モバイルと、さまざまなプラットフォーム上にWindowsがあるというメリットを提供していく。ツールは組み合わせることでさまざまな価値が出てくるため、どのようなデバイスがPCの代わりになるのか、また併用すべきなのか、見続けていく」とした。

 樋口氏は、「マイクロソフトはワークスタイルを提案する企業。新社屋ではわれわれの提供する技術や製品をショーケースにしているので、ぜひ見に来てもらいたい」と述べた。
サイト内記事検索
fc2システム検索
(別windowで結果表示)
google検索
(ボックス下に結果表示)
Loading
★最近人気の記事★
★記事カテゴリ★
港南リンク集
★交通機関★
◆JR品川駅
◆都営バス
◆ちいばす
◆ジャスコ品川シーサイド店バス

★公共施設★
◆証明書自動交付機
◆芝浦港南地区総合支所
◆港南健康福祉館
◆港区立港南子ども中高生プラザ
◆港南図書館

★教育機関★
-保育園-
◆こうなん保育園
◆たかはま港区暫定保育室
◆ベネッセチャイルドケアセンター
◆さわやか保育園・港南

◆アンジェリカ保育園品川園
◆港南幼稚園
◆品川教会付属幼稚園
◆港南小学校
◆港南中学校
◆東京海洋大学本部

★その他こども関連施設★
◆子ども関連施設一覧

★医療機関★
◆東京都医療機関案内サービス
◆薬局に関する情報

★地域情報紙★
◆芝浦港南地区情報誌
◆広報みなと
◆港南児童館だより
◆港南健康福祉館たより
ビジネスuseなリンク集
★ホール★
◆品川インターシティホール
◆コクヨホール

★会議室★
◆インターシティ会議室
◆イーストワンタワー会議室
◆セントラルタワー会議室
◆DESK@品川港南口店
過去の記事
pictlayer
フリーエリア
★情報投稿はこちらから★
港南地区の情報お持ちの方の
書き込みお待ちしております
コメントありがとうございます
★港南info★
★訪問者数★


44万ユーザー様
★100万超PV★
ありがとうございます


SINCE 2010.02.13

★今見てる人数★

アンケート協力お願いしますっ
ぽちっとお願いっ!

Q.Who are you?

港南サラリーマン
港南OL
港南住民
港南によく遊びに来る人
通りすがり


★投票結果を見る★


港南ってこんなとこヨ
港南オススメ本
★ママ向け情報★
みなと安心安全メール詳細記事へ
・子連れショッピング→★
・子連れOKレストラン→★
・キッズカフェ→★
・子供のならいごと→★
・子連れゴルフ→★
・子連れOK港南イベント→★
・児童館→★
・図書館→★
・公園→★
・小児科→★
・休日診療→★


託児所

link_recipeblog.jpg 美味しいレシピと暮らしが満載!お料理ブログのポータルサイト。 link_chocoage.gif ちょこっと気持ちがアガる=「ちょこアゲ」なアイテムが見つかるクチコミサイト。お菓子・スイーツなど情報満載! link_esampo.jpg 働くママのコミュニティが盛りだくさん! プレゼント情報や金券に換えられるメンバーポイントもあり♪ link_escala.jpg 恋愛・仕事で悩む、働く女性のためのポータルサイト「エスカーラ・カフェ」 link_jyoshibu.jpg ニュースや合コン&結婚ブログなど、女子の『へぇー』をサポートする女子必見ニュース系ポータルサイト link_kosodate.jpg 子育てしながら、自分らしい毎日を楽しむママ&パパ達のチェックサイト。 link_mezamashigohan02.gif 朝9時までに食べる→1日シャキッ! めざましごはん
★RSSリンクはこちら★
RSSimages.jpg
※RSSリンクの使い方は
こちらの記事


★お問い合わせはこちら★
記事のコメント欄から
メッセージ下さい。
★管理人紹介★
港南サラリーマン モッチー
港南OL ちかぽん
★携帯サイトはこちら★
携帯からも見れますよ
QR
★管理者用デス★
◆ブログ管理画面
◆掲示板
◆掲示板管理画面
◆アクセス解析
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。